帯状疱疹ワクチンについて

 
帯状疱疹は50歳以上の方の発症が多く、神経痛の残存率も高くなりますが、予防接種を行うことで発症の予防効果が期待できます。現在2種のワクチンがありますが、大まかにその違いを示します。

 

弱毒生水痘ワクチン「ビケン」

シングリックス
種類 生ワクチン

不活化ワクチン

接種回数 1回 皮下注射 2回 筋肉注射
(2か月間隔〜遅くとも6か月間隔)
予防効果 50%前後 5年で半減 当初95%〜10年後 80%
費用 8,000円(税込) 21,000円(税込)×2回
副反応 注射部位の痛み・発赤・腫れ 注射部位の痛み・発赤・腫れ
発熱・全身の筋肉痛・倦怠感
接種できない条件 免疫の低下する病気・薬剤
妊娠中
特になし

 生ワクチンは、小児には水痘ワクチンとして昔から使用されているもので、安価で、副反応も注射部位の炎症のみに留まることがほとんどですが、効果は比較的低く(発症率が半分ぐらいになる程度)、数年経つと効果がかなり薄れてきます。一方、シングリックスの効果は絶大で、当初95%以上〜10年たっても80〜90%以上(年代による)の発症抑制を保つことが分かっています。ただし、薬価が高めで、2回の接種が必要(2回目は1回目から2か月後に接種、遅くとも6か月後までには接種)です。また副反応は注射部位の痛みや腫れ以外に、発熱・倦怠感、全身の筋肉痛を伴うこともあり、回復までに3日〜1週間近くかかることもあるとされていますが、大部分の方は注射部位の痛み程度で済んでいる印象です。
帯状疱疹を予防する目的からすると、当院ではシングリックスをお勧めしており、ほぼ全例シングリックスを投与しています。シングリックスを投与した翌日までは発熱や倦怠感・筋肉痛を伴うことを想定して接種日をお決めください。
 
シングリックスの接種を希望される方は、以下の点をご確認ください。

  1. 接種日時点で年齢が50歳以上である必要があります。(感染に弱くなる基礎疾患がある18歳以上の方も接種できますが、ご相談ください。ただし公的助成はありません。)
  2. 新型コロナワクチンとは2週間以上の間隔をあけてください。他のワクチンとは原則接種間隔の規定はありませんが、発熱や倦怠感などがかぶらないよう、1週間程度の間隔を取ることをお勧めします。
  3. アナフィラキシー反応を生じた際に対応できるよう、接種後30分間は院内で待機していただきます。
  4. 以下の副反応が予想されます。接種翌日までは寝込んでも問題ない日程を確保ください。   
    注射部位の痛み   90%×平均3日間、重い症状 4%×平均1日
    注射部位の赤み・腫れ   70%×平均3日
    発熱   25%×平均1日 強い悪寒:4%×平均1日
    筋肉痛   54%×平均2日 重い症状 3%×平均1日
    頭痛   41%×平均2日 重い症状 2%×平均1日
    疲労   50%×平均2日 重い症状 5%×平均1日
    胃腸症状   18%×平均2日 重い症状1%×1日
  5. 新型コロナワクチンと同様、筋肉注射になります。血液をさらさらにする薬を飲んでいる方は圧迫時間を長く取りますので、お薬手帳をお持ちください。
  6. 2か月の間隔を置いて2回接種します。2回目の接種は多少遅れても問題ありませんが、遅くとも6か月後までに投与する必要があります。
  7. 接種費用:1回につき 21,000円(税込)×2回=42,000円の費用がかかります。
    2024年7月より富山市在住の方には1回あたり10,000円の助成があります。住所を確認の上、必要な書類を記載いただいて、助成額を差し引いた金額をお支払いいただきます。
    住所の確認できる身分証(運転免許証やマイナンバーカード、住所の記載された保険証)をご持参ください。

 

接種予約について

原則、事前に予約をお願いします。こちらのページの内容をすべて理解された上で、公式LINEのトークまたはお電話で承ります。(時間帯予約ではなく、トークからお願いします) なお1日の接種人数には上限があり、ご希望の日に承れない場合もありますのでご了承ください。不明な点がありましたら事前に公式LINEまたはお電話にてお問い合わせください。
在庫があ場合、当日でも接種できる場合があります。お電話にてお問い合わせください。
 
なお新型コロナワクチンとの接種間隔は前後2週間あける必要があります。インフルエンザワクチンとの接種間隔は特に必要ありませんが、帯状疱疹ワクチン接種後1週間近くは副反応が残っている可能性がありますので、インフルエンザワクチンは帯状疱疹ワクチン接種から1週間後以降に予約されることをお勧めします。なお注射の生ワクチン(麻疹・風疹ワクチン、おたふくかぜワクチン、BCGなど)同士は4週間の接種間隔が必要です。
※富山市のワクチン補助が7月から開始される予定です。富山市のホームページをご確認ください。